モーニングレンタル5250円,留袖レンタル3980円,着物レンタル格安のネット専業貸衣装

ネットで借りて自宅に届く貸衣装

ホーム七五三豆知識

七五三の始まり

七五三の始まりは江戸時代までさかのぼります。昔は乳幼児の死亡率が高かったために、子供が7歳を迎える事は奇跡に近い事でした。そのため、男児は三歳・五歳、女児は三歳・七歳を迎えると、健康に育っている事をお祝いしていました。今でも、子供が元気に成長している事に感謝する行事として残っている七五三では、男児の五歳は初めて袴を着て、女児の七歳では付紐を外して初めて帯を結びます。

お祝いをする1日の流れ

七五三の日にちは一般的に11月15日とされていますが、地域によって10月に行う方もいれば11月15日を過ぎてから行われることもあります。七五三のお祝い当日は、写真撮影をして神社にお参りし、親戚の家を訪問するという流れが一般的とされています。

ご家族様の服装について

お子様の成長を喜び感謝する大切な記念日ですので、普段とは違った服装が適しています。お父様はスーツ、お母様は着物を着るというご家庭が多く見られます。お参りや親戚の家に訪問する際に失礼にならないよう、御両親も正装を心掛けましょう。

なぜ着物を着るのか

七五三というと着物を連想される方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、着物と決まっているわけではありません。七五三が伝えられた当時の普段着が着物だった事がそのまま伝わり、一般的な衣装としてそのまま取り入れられているのです。時間がない・費用を抑えたいという理由から、時代が流れるにつれて着物を着るご家族は少なくなっていましたが、近年ではインターネットで手続き可能な七五三レンタル衣装を利用する方が増えています。

着物レンタルを行っている弊社では、七五三レンタル衣装も取り扱っております。口コミで格安な価格設定をしている七五三レンタルをお探しの方もいらっしゃるかと思いますが、弊社はインターネット専業だからこそ実現した最安値で着物を宅配でお届け致します。お子様の大切な七五三で着る着物をお探しの方は、弊社の七五三レンタルをご利用下さい。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス